--- 七緒の自己紹介 ---

profile_01

七緒

27歳OL。丸の内の証券会社勤務。親しらずの4本目の抜歯で人生初の入院生活を体験する。

一番伝えたいことは、親不知抜くなら、早いうち、そして時間のあるうちがいいってことかな。

img_01

抜糸が延期になった

・手術後7日目
手術から一週間が経過したので、今日は病院に抜糸をしにいきました。

すると、先生から思ってもなかった言葉が・・・

「血餅ができていませんね。ドライソケットの状態なのでまだ抜糸はしないほうがいいと思います。」

どうやら、骨がむき出しの状態だったみたい。
うがいしてたときに、赤い塊が何度か流れたことがあったが、それが血餅で、流れるとまずかったみたい。

どうりで、痛み止めを飲んでも効き目がなかったはずだ。

また一種間後に様子を見るということで、抜歯箇所の消毒をして終わり。

痛み止めと抗生物質の薬を一週間分もらって、家に帰りました。

ああ、早く抜糸したい。
口が開かないし、とても口の中が不快な感じ。


・手術後8日目~13日目

一日一日、日が経過するごとに痛みは少なくはなってきました。
日にち薬というらしく、親不知の抜歯は時の経過が解決してくれるみたい。

とにかく、一週間が経過するのをおとなしく待つことにしました。

相変わらず、おかゆだけです。
もうおかゆは見るのもうんざりって感じですが。

→ 次のページへ

更新履歴

  • 2013/5/25
    抜歯の記事を更新しました。
  • 2013/4/20
    血の味ページを更新しました。
  • 2013/3/21
    抜糸の延期のページを追加しました。
  • 2013/2/24
    歯医者では抜けないページを更新しました。
  • 2013/1/20
    口の中が臭うページを更新しました。