--- 七緒の自己紹介 ---

profile_01

七緒

27歳OL。丸の内の証券会社勤務。親しらずの4本目の抜歯で人生初の入院生活を体験する。

一番伝えたいことは、親不知抜くなら、早いうち、そして時間のあるうちがいいってことかな。

img_01

歯抜くだけで手術??

月曜日の朝。
総合病院を訪れ、紹介状を受付に出し、診察室の前で名前が呼ばれるのを待ちました。

平日の月曜日の朝ですが、口腔外科の診察を待つ人だけでもかなりの人数に上っていました。

皆さん午前休や有給を使って、歯のトラブルを治しにきてるんですね。

私は平日に休みをとって病院にいくのが初めてだったので、忙しさにかまけて自分の健康を粗末にしてきたことを少し反省しました。

待つこと数十分、私の名前が呼ばれたので、診察室の中に入りました。

担当の口腔外科のお医者さんは私と同年ぐらいの20代ぐらいのの若い先生でした。

私はこれまでのいきさつを話し、親不知を抜きたいという希望を伝えました。

そして先生の指示に従い、親不知箇所のレントゲンと、CTを撮りました。
レントゲン上だと、左下の親不知と神経との距離がほとんどなかったので、CTで詳しい距離を立体的に確認するという趣旨だったみたいです。

CTを撮るのは初めての経験でした。
高そうな機械に横になり、機械がウィーンと音を出しているのに少し気をとられながら、検査技師の指示に従いました。

検査が終わって、再度診察室に呼ばれました。
担当のお医者さん曰く、CTで見ると親不知と神経の距離はそれほど近くないことがわかったので、抜歯可能ですとのコトでした。

ただし、ほぼすべてが歯茎と骨の中に埋没しているため、入院して、歯茎切開し、歯の周りの骨を削って親不知を露出させてから、歯を分割しながら抜いていく予定だと説明がありました。
私の親不知が横向きに生えていることも手術を難しくしているとのこと。

入院!歯茎切開!!! 骨を削る??

聞いているだけで心が折れそうになりましたが、同じような手術を何人も受けている(左下、右下の埋没歯を両方同時に抜く人もいるらしい)とのことで、私も入院して抜歯する決意をしました。

手術は3日後。
今日は入院の手続きをして、午後から会社に出社しました。

→ 次のページへ

更新履歴

  • 2013/5/25
    抜歯の記事を更新しました。
  • 2013/4/20
    血の味ページを更新しました。
  • 2013/3/21
    抜糸の延期のページを追加しました。
  • 2013/2/24
    歯医者では抜けないページを更新しました。
  • 2013/1/20
    口の中が臭うページを更新しました。